剪定講習会に参加した

 今日は戻り寒波到来でめっちゃ寒い中、市主催の剪定講習会に向かった。
 猫の額ほどの我が家の坪庭に植えられている庭木を、毎年我流で剪定した来たが、最近花の咲きが悪くなっていた。たぶん管理が悪いのではと思い立ち、広報紙で案内されていた庭木剪定講習会に参加してみた。20名ほどの参加者だった。

画像画像
図書館のホールで講義を聞く

 午前中は2時間の座講で、樹木医の講師のお話を聞いた。樹の生育についてのレクチャーは逐一納得できる説明で、的確なアドバイスがいくつもあった。

画像
昼食後、剪定実技前の説明

 午後は実際に剪定の実技。市立図書館駐車場周りの樹木を、講師が剪定しながら実技指導して行く。受講生の質問に的確に答えながら進んで行く。図書館の周りのビオトープあたりには様々な樹々が植えてあり、樹に応じた剪定の仕方を学んでいく。

画像
樹木医の講師が説明しながら剪定を進めて行く

最後は受講生が、何本かの樹に寄ってたかって剪定して行く実技。持参のノコギリと剪定ばさみを駆使して進めて行く。自宅の庭木と違ってかなり大きい樹ばかりで、ノコギリ作業では樹が切れずに息が切れた!?.

画像
講師の指示を受けながら枝を間引いて行く

何はともあれ講習を終えて、次回からの剪定に若干の自信が持てる気がして、いつしか寒さを忘れた4時間であった。お疲れ様ー。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック