たくあん漬け

2週間干していたダイコンがかなりしぼんできた。曲げてみると「つ」の字になったので、そろそろ漬け頃のようだ。

画像
好天つづきで良く乾燥した

今年は27本干したので、長い間食べられそうだ。
まずは収納スペースに漬物桶をセットし、桶の内側にビニール袋を2重に敷く。桶が変色したり匂いが付くのを避けるためと、たくあんが空気に触れにくくするためだ。

画像
今年で3回目のたくあん作り

干しダイコンの重さを量り、米ぬか、塩、ザラメなどの量を決めて混ぜ合わせる。この時、風味付けにだし昆布、赤唐辛子、柿やリンゴ、ミカンの皮を干してあったものも混ぜる。色付けにウコンの粉も入れた。

画像
米糠は近くの道の駅で無料でいただける

一番下に糠を敷いて大根を敷き詰めていく。1段ごとに糠を撒く。

画像
何段も積み重ねていく

画像
27本すべて入った

ダイコン重量の2~3倍ぐらいの重しを乗せて完成。

画像
3段で23kgの重しが乗った

あとは1週間ぐらいで、水が上がってくるのを待つ。約3週間で出来上がる予定。おいしいたくあんになーれ!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック